ピーチストレングス(peachstrength)

スクワット

2019.04.05

スクワットのトレーニング方法

マシン備え付けのバーベルラックの身丈にあった高さにバーベルをセットする。

バーを両手で保持し、バーに僧帽筋の上部か中部を当てるようにして担ぐ。
この際、体幹部は真っ直ぐをキープ、胸を張るようにして肩甲骨を寄せ、僧帽筋に担いでいるバーを後ろからサポートするようにバーを持つ。

バーをラックから持ち上げ、エクササイズ中にバーや身体がマシンと干渉しない位置まで離れる。

両足を腰幅から一歩ずつ外へ開き、スタートポジションを作る。

体幹部を真っ直ぐ保持したまま、股関節と膝関節の屈伸運動を繰り返す。

ポイント① 体幹部の安定性

この種目では、動作中に腰背部のアイソメトリックでの収縮力(関節に動きがない状態での筋収縮)が必須になります。
その分腰背部への負担も大きく、蓄積するのでこの種目を取り入れる前後の種目には注意しましょう。


ポイント② つま先と膝

エクササイズ中、膝関節の屈伸を行いますが、膝が動作中に内側に入りやすいのでつま先を前方に向かって真っ直ぐ設置し、つま先と同じ方向に膝を屈曲させることが重要です。
膝が内側や外側に逸れてしまうと障害のリスクが上がるので要注意です

Share on