ピーチストレングス(peachstrength)

レッグカール

2019.04.05

レッグカールのトレーニング方法

マシン備え付けのクッションに対し、うつむせになりグリップ部を握る。

支持脚の膝をつき、脚を床に設置させる。

対象の脚を後ろへ伸ばし、バーベルなどがある場合は、大腿前面を預ける。

大腿はその位置を保持し、膝の屈伸を繰り返す。

ポイント① 負荷設定

この種目の負荷はゴムチューブやバンド、パートナーがいる場合は徒手抵抗などがおすすめである。
ゴムチューブなどの場合、下腿後部か踵にチューブをかけて行う。
最終可動域に近くにつれて負荷が増すのが特性であり、最大収縮時に強い負荷を得ることができる。
徒手抵抗では、負荷の方向を柔軟に変えることができる為、全可動域でフラットな負荷を得ることができる。

ポイント② 骨盤の動き

この種目は、大腿後面にあるハムストリングスをメインのターゲットとして行う種目である。
ハムストリングスには膝関節屈曲と股関節伸展の作用がある為、骨盤を少し後傾させることによって、ハムストリングスの最大収縮を得ることができる。

ポイント③ 股関節

股関節はまっすぐに伸ばした状態にすると、膝関節の屈曲動作の妨げになります。その為、セッティングの際は股関節を軽度屈曲位にして行うと膝関節の屈曲動作がスムーズに行える。

Share on