ピーチストレングス(peachstrength)

キックバック

2019.04.05

キックバックのトレーニング方法

マシン備え付けのクッションに対し、うつむせになりグリップ部を握る。

支持脚を伸ばし、つま先床に設置させる。

対象の脚を屈曲させ、床に対して垂直になるようにセッティング。

臀筋の収縮力を使い、股関節の伸展屈曲を繰り返す。

ポイント① 負荷設定

  • 一人での使用の場合、下腿の角度に注意を払いエクササイズを行う。
  • 負荷を足す場合はアンクルウエイトなどを用いると落下の危険性も最小限に抑えることができる。
  • トレーナーやその他パートナーがいる場合でのエクササイズでは、徒手抵抗でのエクササイズを推奨。
  • その際、下腿の動きなどをサポートできるため、対象の筋(臀筋)をより意識しやすくなる。



ポイント② 骨盤の動き

この種目では臀筋、主に大臀筋をターゲットとして行う収縮種目です。
キックバックでは大臀筋の最大収縮を得られるため、ヒップアップにとても効果的です。その効果を最大限に引き出すためには骨盤をできる限り固定して行います。
股関節の伸展動作の際、骨盤が前傾してしまうと収縮が減ってしまいます。エクササイズ中は、骨盤をニュートラルか、少し後傾位でキープさせましょう。そうすることで大臀筋の起始と停止がより近づき、最大収縮を得られます。

Share on