ピーチストレングス(peachstrength)

ブルガリアンスクワット

2019.04.05

ブルガリアンスクワットのトレーニング方法

両脚を前後に開く、この際後ろの足はマシン備え付けのクッションにつま先を乗せる。
前の脚は膝を曲げきった時に下腿が床と90度、膝関節を90度近くになるように設置する。

その姿勢から、体幹部を真っ直ぐ下に落とすように膝の屈伸を繰り返す。

ポイント① 重心の位置

この種目では、臀筋群と大腿前面がターゲットの種目になります。
エクササイズ中は重心が前後へ動きやすく、大腿前面ばかりに負荷が掛かったりしやすいので、慣れないうちは鏡での確認やパートナーに見てもらいながらのエクササイズが効果的です。


ポイント② つま先と膝

エクササイズの特性上、脚を大きく前後に開いている為前後の安定性は高いが、左右のブレに弱い。
その為、膝も動作中に内側に入りやすいのでつま先を前方に向かって真っ直ぐ設置し、つま先と同じ方向に膝を屈曲させることが重要です。
膝が内側や外側に逸れてしまうと障害のリスクが上がるので要注意です。

Share on