ピーチストレングス(peachstrength)

ベントオーバーロー

2019.04.05

ベントオーバーローのトレーニング方法

バーベルを両手で保持し、体幹部を床と平行、もしくは45度〜60度程度で肩から先を床に向かって吊った状態を維持します。

体幹部を維持したまま、肘を背中側に突き出すようにしてウエイトを引き上げ、背中への負荷を感じながら肘を下ろす。

ポイント① 体幹部の安定性

この種目では、動作中に腰背部のアイソメトリックでの収縮力(関節に動きがない状態での筋収縮)が必須になります。
その分腰背部への負担も大きく、蓄積するのでこの種目を取り入れる前後の種目には注意しましょう。

ポイント② 負荷設定

背中の種目では珍しく、床反力を使ってウエイトを扱うことができます。
全身運動が行える種目なので動員される筋肉は多く、その分消費エネルギーも高い種目です。
しかし、メインターゲット以外の筋も「使えてしまう」ため、負荷設定が難しい。
メインである広背筋へ適切な刺激が入っているかどうか、負荷は慎重に設定しましょう。

Share on