ピーチストレングス(peachstrength)

ベンチプレス

2019.04.05

ベンチプレスのトレーニング方法

バーをマシン備え付けラックに載せる。この際、肘を伸ばしきった時に無理なくラックにかけることができる位置にセットする。

バーの真下に目がくるようにベンチ台に仰向けに寝る。両足は床に足の裏全体がつくようにする。

右足、左足、臀部、両肩(肩甲骨)、後頭部の5箇所が床、ベンチ台に設置していることを確認する。

上腕が床と平行になった時に肘関節が90度になるように手幅をセットする。

バーをラックから離し、肩関節の真上にウエイトを持ってくる。

乳頭の位置に向かってバーが降りてくるように肘を屈曲させ、元の位置を辿るようにして肘を伸展させる。

ポイント① 肩甲骨

この種目は、大胸筋をメインのターゲットとして行う種目です。
可動域を広くする為、更にバーを下ろした際に、大胸筋に対してより強くストレッチを与える為にも肩甲骨をできる限り内転、下制させて行うと効果的です。


ポイント② 手首

動作中、各関節にウエイトの負荷が乗りますが、手首の角度に注意しましょう。
掌屈方向に曲がりすぎていると挙げにくいのは想像しやすいかと思いますが、背屈方向にも曲がりすぎていると、ウエイトに対して挙げる力が伝わりづらくなると同時に、手首の障害のリスクも上がります。
人差し指と親指の間のカーブの中心が前腕の軸に対して真っ直ぐになるようにウエイトを把持しましょう。

Share on